ロゴ ECOTO HOUSE

ニューヨークから人と地球にヘルシーでサステイナブルなライフスタイルを企画・制作
:::: イーコト・ハウス Ecoto House ::::


Ecoto House (イーコトハウス) は、
エディター、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー、フードライターと
制作畑を歩いてきた在NY15年の向井余史子(よっちゃん)が、スローライフ研究家として
“イイコトをおうちへ、おうちからイイコトを”をミッションにスタートしました。

誰もが日常の中でちょっとした心がけでイイコトをした時、
それが継続して積み重ねられていった時の大きなパワーを信じ
そのお役に立ついろんなイイコトを、自由な発想で楽しく創造していきます。


イーコトNEWS

台所発
人と地球の健康に効くヘルシーライフ講座

YOU ARE WHAT YOU EAT.といわれるように、私たちは食べたものでできています。乱れた食生活をしている人は、病気や、たとえ病名がつかなくても、どうも心身ともに調子がすぐれない半健康になりますし、逆に正しい食生活をしている人は、体調が良いだけでなく、いろんなことに前向きで、体の中から発散される生命のエネルギーで輝いているものです。

でも、それだけじゃありません。食べものは、自然環境と深く結びつきながら作られ、流通する経済活動です。環境を破壊し、公害を作り、命ある牛や鶏に劣悪非人道的な生涯を強制する農業もあれば、自然と共存しながら家畜もハッピーで、そこで働く人々を豊かにする農業もあります。日々、何を選んで食べるのかは、選挙の一票同様、どんな世の中を理想とするのかの意思表示でもあるのです。

というと堅苦しいお話のようですが、栄養のバランスから3歩進んで、人と地球にやさしいヘルシーライフを台所から始める方法を楽しく5回の講座でお話します。

健康は誰にとっても一番の基本。知らないでフツーに暮らしていても大丈夫な時代では残念ながらありません。本講座が、オプチマムヘルス(引き出せる限り最高の健康)に到達するための正しい知識を身につけていただくお役に立ちますよう願ってやみません。

各クラスの内容の詳細はタイトルをクリックすると見られます。

1/30 人と地球をヘルシーにする暮らしの基礎知識

スーパーマーケットに並ぶ7割の食品には遺伝子組み換え食品が含まれ、ビーフ全体の99%近い牛肉が抗生物質や成長ホルモンを与えられた牛からできているといったアメリカの食事情をふまえ、オーガニック、ローカル、サステイナブルといったキーワードを中心に、環境のこともふまえて安全で健康的な暮らしために知っておきたい基本事項についてお話しします。その他、残留農薬の影響が低い食材とは?どこをオーガニックにこだわるべき?オーガニックだからといって必ずしも安心とは限らない?低脂肪やノンファット、ノンカロリー・シュガーの方がヘルシー?鍋の材質は何がいい?電子レンジは安全?水道水じゃなくてペットボトルの水にした方がいい?ビーガン(動物性食品を一切食べない完全ベジタリアン)ってヘルシー?牛乳は体にいいの悪いの?大豆にも問題?など。

2/6  Free Range, Homogenized 等、英単語の意味で知る健全な食材

その食材が何なのか、健全かどうかを知るために店頭で私たちができるのは、ラベルを読むことです。All Natural が安全と思ったら大間違い。Conventional, Natural, No Hormones, Humane Raised, Free Range, Grass-Fed, Ultra-Pasteurized, rBGH, Homogenized など、動物性食品を中心に、各食品群ごとの絶対知っておきたい英単語の意味と、体への影響についてお話します。

2/13 体にいい油、調味料、甘味料と野菜パワー

痩せたい人でも、脂肪と甘味完全カットのダイエットは、長続きしませんし、味気ないものです。カロリーゼロの甘味料が太るとか、ラードで調理していた時代の方が心臓病が少なかったなんていう統計もあります。脂肪、甘味を恐れることなく、敵視することなく、健康的におつきあいするために知っておきたいこと、植物性食品をたっぷりおいしく使うための鍵となる調味料の健康力についてお話しします。

2/20 プチオーガニックライフ: ミミズコンポスト、スプラウト、発芽玄米

ブロッコリースプラウトや発芽したヒヨコ豆やレンズ豆、発芽玄米などの発芽した食品は、体が消化吸収しやすい状態のビタミン群とミネラル、必須アミノ酸が豊富でとてもヘルシー。健康食品店でも購入できますが、実はとても簡単に自宅で作ることができるのです。狭い場所、究極は瓶ひとつで手軽にできる経済的で超健康的なプチ・オーガニックライフをご紹介します。

2/27 毒を体に入れない暮らし方とエコ家事法

健康と安全というと、食べものばかりに目がいきがちですが、化粧品や香水、石けんなど肌に触れるもの(肌は最大の臓器です)、掃除用洗剤、消臭剤、香水など鼻から吸収されるものも気をつけましょう。大都会でさえ、外よりも家の中の空気の方がしばしば汚染されているというのが現状ですが、大気汚染を改善することが長寿に結びつくという統計が数日前に発表されました。健康のために身の回りのものを再点検した上で、ベーキングパウダーやお酢などを使った体にも環境にもいい(この2つは結局切り離せないんですね)エコ家事法についてお話します。


ニューヨーク・スローライフ
おきらくヘルシーごはん

著書ニューヨーク・スローライフ おきらくヘルシーごはん表紙
■企画構成、執筆、レシピ・料理、フードコーディネート&スタイリング、撮影:向井余史子
■出版社:二見書房
■単行本:127ページ(オールカラー)

日本全国書店、NYの紀伊國屋、旭屋書店、NJの三省堂書店、オンライン書店 [日本:アマゾン.co.jp(本の中身がちらと見られます)、北米等:Fujisan.com等で発売中!
健康簡料理レシピ&ニューヨークの暮らしぶりを写真で綴る人気ブログ、『ニューヨーク・スローライフ』のよっちゃん(私) が、作って撮って書いた渾身のデビュー作!

マクロビやベジタリアンのようなストイックなダイエットではなく、最新の科学的根拠をベースに、すごい健康になるために食材を賢く選んで料理するのが「おきらくヘルシーごはん」。これまでの料理本の枠を越えた“人と地球の健康に効くライフスタイルを作るためのレシピ集”。

読んだ方々からの生の声、マウスオーバーすると吹き出します。
写真、グッときます ただのレシピ本ではない 夫にも大好評でした!! キレイで気分上向き 日本と違う雰囲気がとってもおしゃれ 中味がぎっしり 体に大切なことも満載でとっても楽しい ウエブで見るのとはまた違った雰囲気で、じっくり 今までの単なるヘルシー料理本にない切り口 ほんと、素晴らしい本 カラフルで楽しいからエコにあまり興味の無かった人でも入りやすい ミミズもすごい よく噛み砕かれていて、哲学もすーっとはいってきました。

photos
planning
writing
recipe development
cooking
food styling
photography